お風呂の浴室でも注意したいノロウィルス感染

Sponsored Link

ノロウィルス 浴室 感染 お風呂

ノロウィルスの感染といえば食事や空気感染をイメージするかもしれませんが、実はそれ以外でも注意すべきシチュエーションがあるんですね。

 

例えば、お風呂の浴室はその一つです。

お風呂の浴室といえば、お湯や水で全てを綺麗に洗い流してしまえるという印象があって、それほど危険な感染経路になるとは思えませんが、ここに落とし穴があるのです。

 

実はノロウィルスでは風呂の湯も立派な感染源となるのです。

端的にいって、お湯を介してノロウィルスに感染する危険があるということになります。

 

したがってお風呂の湯に警戒すると同時に、日頃から浴室を綺麗に保つことが必要になります。

例えば基本的なこととして、お風呂の水を毎日替えることは絶対に必要です。

使い古しのお湯からノロウィルスに感染しやすいことは火を見るより明らかだからです。

そして、浴室全体を洗剤でいつも綺麗に掃除することが大切です。

この場合、壁だけではなく浴槽や洗面器も合わせて掃除することはいうまでもありません。

そしてお風呂に関連して使用する物、例えばタオルやバスタオルについても清潔さを保つようにします。

特に、家族の誰かが感染してしまったときは、使用するタオルやバスタオルを別にすることができるでしょう。

家族の誰かが感染してしまった時は、感染者の家族が一番最後に入浴するようにするといいでしょう。

また下痢の症状が出ている場合には、入浴の際に最初にお尻をよく洗うことが大切であることも知っておきましょう。

また症状として下痢、嘔吐がある場合には、浴槽に入ることは避けて、シャワーのみにとどめておきましょう。

浴槽の洗剤は浴槽用洗剤で丁寧に洗うことが大切ですし、繰り返しになりますが、浴槽の水は必ず毎日替えることです。

こうした予防によってノロウィルス対策を行うことができます。

浴室の掃除では、床やいすも清潔に掃除することを忘れないようにしてください。

できれば使用する洗面器やスポンジなどは、別々にしたほうがいいでしょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ