急性胃腸炎による下痢や血便について

Sponsored Link

ノロウィルス 急性胃腸炎 下痢 血便

急性胃腸炎の種類には、ウイルス性と細菌性の2種類があり、冬にはウイルス性の急性胃腸炎が流行し、嘔吐下痢といわれ、腹痛は比較的に弱いのですが、吐き気がとても強い傾向があります。

感染力も強く、家庭内では数日の間隔をおいて次々に発症する特徴があります。

腹痛と下痢、吐き気を伴い、便は特有の酸臭がして、白っぽい便が出ますが血便は出ません。

 

また細菌性の急性胃腸炎は夏場に発症する傾向があり、一般的には食中毒と言われ、腹痛がとても強く、子供場合は高熱を出すことがあります。

下痢の便には酸臭は無いのですが、血便を伴うこともあり、大量の血便が出た時には、病原性大腸菌の可能性が高く、同時期や同じ日に発症した場合は、細菌性の食中毒かノロウイルスです。

 

急性胃腸炎を発症した時には、下痢や嘔吐などによって水分喪失状態になってしまいますので、脱水症状に注意しなければいけません。

体全体が倦怠感やぐったりした時には、早急に医療機関を受診することが必要です。

またショック症状を起こして、血圧低下や意識障害を起こすこともありますので、急性胃腸炎を発症した時には、注意が必要です。

この様な状態を未然に防ぐ方法としては、病原微生物は口から体内に入り込みますので、外出から帰ったときには必ず手を洗う習慣を付けることが大事で、食材は十分加熱してから食べ、家族の看病で嘔吐物や便を処理する時には、ビニール製の手袋を使用し、汚物などはビニール袋に入れ、袋の口をしっかりとしめて捨てることが大事です。

急性胃腸炎から早く回復するには、体への吸収が良いスポーツドリンクなどを飲むことで脱水症状を防ぐことが必要で、吐き気などで水分が自分で摂れない場合は、病院で適切な治療を受けなければいけません。

その他に、吐き気や下痢の症状を薬などを利用して、その症状を止めてはいけません。

この時の吐き気や下痢は体が持っている、防衛反応で有害物質を体の外に排除していますので、薬で強制的に止めることは症状を長引かせてしまいます。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ