ノロウィルスの原因 食事からの感染予防 加熱処理の目安

Sponsored Link

ノロウィルス 食事 感染

ノロウィルスはその菌を持っている人物が調理した食事を口にした時に発症するケースがあります。

ノロウィルスはその名の通りウィルス性であり、感染力が強いです。飛沫感染・汚物処理での感染などがよく聞かれますが、食事がノロウィルスの感染経路・原因となる場合もあります。

それを防ぐには、食品に加熱処理を行い、生もの等のノロウィルスが発生しやすいものを口にしなければ防ぐ事が出来る可能性は高いです。

しかし、加熱処理をしていてもノロウィルスに感染し、下痢や嘔吐で数日間苦しい思いをしなければならないこともあります。

とはいえ、加熱処理をした食事を取る事が大切です。

 

加熱処理・時間の目安は?

貝類などでは90度近くで90秒の加熱が目安と言われています。ただ、絶対的なものではないので油断は禁物なんですけどね。

似たような事例のA型肝炎ウィルスにおいても85度で1分間以上でウィルスの活動が低下するという情報もあることより、概ねそれくらいを目安に考えればリスクはグッと減り、予防として適切なのではないかと思います。

もっと高熱の油を使って、短時間にすればどうなんでしょう!?という疑問があるかもしれませんが、そればかりは正確な答えが無いため、なんとも言えません。大丈夫な気はしますが、中心部に熱が伝わらないような食材だと、少々危険だと思いますよ。

 

ノロウィルスに感染した時は体に負担のかからない食事を取るように心がけます。

胃腸を休める食事を取り、体調の回復に努めます。

このような状態に陥った時は食べる事は行わなくても脱水症状になりやすいのでスポーツドリンク等でこまめに水分補給を行う事が非常に大事です。

 

ノロウィルスに感染し、嘔吐や下痢などの症状が出ても安易に薬の服用は避けるべきです。

なぜなら、安易に薬を使う事によって体内の悪い物が排出されず、長期間にわたって苦しい思いをしなければならないからです。

薬の使用は自分の判断で決めるのではなく、医師等の専門家に相談してから行うようにします。

薬は有効なものですが、使うタイミングを誤ると患者の心身の苦しみを長期化させる事になるので注意が必要です。

ノロウィルスに感染した時は薬の服用よりも悪い物質を出来るだけ早く体外に出す事を優先にすべきです。

服用の有無に関わらず水分補給は定期的に行うようにします。

加熱処理を行えばノロウィルスに感染する可能性は低くなります。

感染した時は体に負担のかからない食事を行う事です。

そのような食生活を継続していれば、早くに健康を取り戻す事が出来ます。

感染後の心身の苦しみを考えると薬を使いたいと考えます。

しかし、早急にその状況を打開するためにはそれを使うのではなく、自然治癒を重視する事です。

これらの課題は医師等の専門家に相談すれば、適切なアドバイスをもらう事が出来ます。

感染した時は早めに医師に相談し、問題を解消出来るようにすべきです。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ