子供や赤ちゃんに多いノロウィルス胃腸炎の症状とは

Sponsored Link

急性胃腸炎 子供 ノロウィルス

毎年冬になると流行するウィルス性胃腸炎ですが、子供や赤ちゃんで特に問題になるのがノロウィルス胃腸炎です。

ノロウィルスは大人も感染しますが、通常であれば発症しないか、発症してもごく軽度で済むために自覚症状が無いのが殆どです。

しかし、子供や赤ちゃん、免疫力の低下した高齢者では重篤化することも考えられますので、注意が必要です。

ノロウィルスに感染すると、だいたい24時間から48時間の潜伏期間を経て、発症することが多いようです。

特徴的な白い色の下痢便が出ます。

下痢だけでなく嘔吐の症状も見られます。

熱が出ることもありますが、それほど高熱にはなりません。

便や吐瀉物の中にノロウィルスが排出されるので、そこから感染が広がってしまいます。

子供の場合は特に、トイレでの排泄が間に合わなかったり、オムツでの排便をするために処理作業が必要になります。

トイレで吐けずに、居間やキッチンで吐いてしまう事も考えられます。

ノロウィルスはほこりなどと一緒に舞い上がって、広範囲に広がってしまいますので、すぐに消毒して掃除することが大切です。

手袋をして便や吐瀉物を処理したら、薄めた塩素系漂白剤で消毒しましょう。

アルコールや熱湯に対しては耐性があるので、使用しても消毒効果は期待できません。

ノロウィルスはとにかく体内から排出させることが大切な治療法です。

自己判断で強い下痢止めを使うと逆効果になってしまいますので注意しましょう。

症状が見られたら、早めに受診するようにしましょう。

その際に、便の付いたオムツなどを持参すると診断に役立ちます。

また、うまく水分が取れないと脱水症状を引き起こすので、こまめに水分補給させるか、場合によっては点滴が必要になることもあります。

子供や赤ちゃんの多く集まる保育園や幼稚園での集団感染が多く報告されています。

ノロウィルス感染症の流行する11月から3月ごろにかけては、特に手洗いうがいを徹底し、予防する意識を持ちましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ