ノロウィルス対策 二酸化塩素系漂白剤で消毒

Sponsored Link

ノロウィルス 対策 二酸化塩素系漂白剤 消毒

ノロウィルスを感染予防するには、手洗いが必須ですが

万一ノロウィルスに罹患してしまったら・・・

ここでは、ノロウィルスにかかってしまった時の対策についてお話します。

 

まず、ノロウィルスは、冬場の湿度の低い季節に流行します。

ウイルスに感染すると強い吐き気、嘔吐、頭痛、下痢などの症状が現れます。

家族が一人ノロウィルスにかかってしまうと

一家全員が時間差で罹患するというのが、一般的ですが

絶対にノロウィルスを阻止したい!という方のために

家族が感染した場合の対策をご紹介します。

 

まず、強い吐き気とともに嘔吐が始まると、最悪の場合

トイレに駆け込む前に吐き出してしまいます。

 

嘔吐してしまったら、カーペットに吐しゃ物を吐き出してしまったとき

周りの家族にウツサナイためにも、汚物の処理が重要になります。

 

大体の人は、吐しゃ物をとっさに周りのタオル、雑巾でササっと

拭いてしまいがちですが、正しくは処理を行う人は必ず

  • マスクをする
  • ゴム手袋をする

それから床に吐いてしまった汚物をベタベタとふくのではなく

キッチンペーパータオルで汚物を取り囲むように取り除きます。

雑巾よりも軽くて捨てることのできるキッチンペーパーがオススメです。

 

そして、熱湯(90度以上)で、1分間熱湯消毒をするか、

塩素系漂白剤で床を拭いてください。

 

このとき、手袋をしていないと、塩素系漂白剤の影響で手がカサカサになります。

 

冬場の冷たい時期だと指先の節目節目まで真っ赤にただれて、

食事の準備をするときや水仕事をするとき、

泣きそうになるくらい痛いので要注意です。

 

ノロウイルスの特徴として、予期せぬ激しい嘔吐が伴うので

お布団や衣類にも吐しゃ物がかかってしまう場合があります。

 

ここでは、ノロウイルスの汚物がかかったときの洗濯の仕方について紹介します。

 

まず、ノロウイルスの汚物がついた洋服を袋に入れ、

50倍に希釈した消毒液を浸してください。

 

色物以外のばあいは、脱色するおそれがあります。

どうしてもお気に入りの服の場合は、このやり方でやってもいいですが

基本服は捨ててしまった方がいいかもしれませんね。

シーツやタオル類ならあきらめがつきますが。

 

家庭内で安全に洗濯するには、

ハイターなど塩素系の漂白剤をオススメします。

バケツやたらいなどに入れ、大体水10リットルで40CCですが、

キャップ軽く2杯程度です。

 

漂白液の中に洗濯を入れたら、大体30分くらいつけ置きして、

一旦塩素系漂白剤の水を捨てます。

 

あとは、普通に洗濯機に入れて洗濯をしてください。

ただし、ここで注意して欲しいのが

最近「すすぎ1回」のエコ洗濯が多いですが、

ノロウイルスに関しては最低でも2回のすすぎ洗いが必要になるので要注意ですね。

 

ロタウィルスの場合も同じように対処できると思います。

詳しくはコチラです。

>>> ロタウィルスの消毒液・消毒方法について(市販・処方の薬・商品の名前)

 

ノロウィルスの予防で使える市販品についてはこちら。

>>> ノロウイルス対策市販グッズ(家庭用除菌スプレー・消毒液)

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ