ノロウィルスの原因について

Sponsored Link

ノロウィルス 原因

特に冬場などに多く発症する感染性胃腸炎の食中毒といえばノロウィルスで、学校給食や福祉施設などで発生すると集団発症する恐ろしい感染性胃腸炎です。

人間の小腸の粘膜で増殖をするウイルスで、年間を通して発症するのですが、特に冬場は発生率がとても高くなっておりますが、ノロウィルスの菌は85度から90度の加熱を90秒以上続けることによって、菌は感染力を失いますので、食材などは加熱を良く行ってから摂ることが、この感染性胃腸炎を未然に防ぐポイントとなります。

ノロウィルスが体内に入ると24時間から48時間の潜伏時間を経て症状が現れ、強い吐き気や下痢、発熱などが表れます。

ノロウィルスに感染しても風邪をひいた様な症状で済む方もいますが、感染性胃腸炎を発症した場合は通常約3日ほどで回復します。

また感染されている方の吐しゃ物や便などに接触すると二次感染を起こしますので、看病などで吐しゃ物や便に接触するときには、ゴム手袋やマスクなどを使い、二次感染を防ぐ必要があります。

ノロウィルスは様々な食中毒の事例の事例の中で、まだ7割で原因食品が特定できていません。

現在特定されている中ではノロウィルスにに汚染された二枚貝があるのですが、加熱処理をせず、生のまま食べたことが食中毒に繋がっていますので、発症の多い11月から2月の間は特にこの様な食材は良く加熱処理をして食べることが大切です。

その他にも予防をする上で大事なことは、食品や調理器具、手などは良く洗うことが大事で、調理の前やトイレの後、帰宅した時などは石鹸などを使い良く手を洗うことが大事で、野菜などの食材は綺麗に見えても雑菌がたくさん付いていますので、流水で綺麗に洗う必要があります。

また肉や魚などの食材を冷蔵庫などで保存する場合は、容器やビニール袋で食材を包み、他の食品と接触しても大丈夫な状態にすることが必要です。

更に、調理をした料理は早く食べきることが必要で、購入した惣菜などは賞味期限内で消費することが大事です。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ