食中毒が原因の急性胃腸炎はとても危険

Sponsored Link

急性胃腸炎 食中毒

暖かい季節になるとどうしても増えてしまうのが食中毒です。

気温が非常に高い夏は特に注意が必要で、常温で食べ物を保管しないようにする必要があります。

何故夏場に食べ物を常温保管してはいけないのでしょうか。

その理由は菌やウイルスが急速に繁殖してしまうからです。

菌やウイルスが付着した食べ物は付着した瞬間から食べ物を汚染します。

その速度は気温などに大きく影響され、特に夏場などの気温は菌やウイルスを繁殖させる絶好の温度になっているのです。

汚染された食べ物を食べると食中毒を引き起こし、急性胃腸炎を発症してしまいます。

菌やウイルスの種類にもよりますが、毒素の強い菌やウイルスが原因で急性胃腸炎を発症すると命に関わる危険を伴います。

その為たかが食中毒といって軽視してはいけないのです。

特に免疫力の低い子供やお年寄りなどは食中毒が原因で違う病気を合併してしまう可能性もあります。

少しでも食中毒と思われる症状が見られた場合は速やかに病院に受診するようにしましょう。

また緊急性を要するような重度の症状が見られた場合は、救急車などを呼ばれる事をオススメします。

重度の症状ではあまりの痛みで歩けないといったケースも少なくありません。

症状としては腹痛や嘔吐などがほとんどなので、多くの方が病気だと気付かずに生活されているケースが多いです。

その為知らず知らずに重症化してしまうケースも多いので、少しでも違和感を感じた場合は注意しましょう。

食中毒は誰にでも発症しやすい病気の1つです。

また食中毒の原因になる菌やウイルスは数えきれない程存在しているので、症状からでは原因を特定する事は困難です。

昨今では海外旅行をされる方が非常に多くなってきています。

海外旅行では現地の水道水や食べ物を食べて食中毒になられる方が非常に多くなっているので注意が必要です。

特に水道水は危険で、食中毒だけではなく感染症のリスクも大変高いです。

海外旅行の際にはミネラルウォーターを利用するようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ