急性胃腸炎の潜伏期間は一週間ほど

Sponsored Link

急性胃腸炎 潜伏期間

体力のある大人は、急性胃腸炎を乗り切ることができるが、乳幼児はちょっと子供の集まる場所へ行くとすぐに風邪を貰ってしまいます。

急性胃腸炎の潜伏期間も一週間程度の場合が多く、感染源は飛沫感染や集まる場所の多い所にある玩具類に残っているのです。

子供の集まる場所では、一週間の間に沢山の子供が訪れます。

その中の乳幼児全員が健康とは限らないこと、また一週間という潜伏期間にはその日その日によりずれが出てくるのです。

更に感染源が強力な細菌ならば、ちょっとした咳やクシャミで飛沫感染しやすくなってしまいます。

できることなら、風邪が流行している時期は集まる場所に行かせないほうがいいのですが、ずっと家に籠もっていても子供にもストレスになってしまうこともありますから、その時々で行動することを考えるといいでしょう。

ただ、乳幼児の場合体力の消耗が激しいので、急性胃腸炎になって回復しても1ヶ月しないうちに再び急性胃腸炎になることもありますから、十分健康になってから動くようにして体力の回復を優先させることです。

そして、大人も気をつけることは沢山さるのです。

今まで風邪を引いたりしたことのない方でも、子供の急性胃腸炎は強力な感染源で嘔吐や下痢が激しい時には手洗いやうがいはしっかりと行うことです。

それを怠ったりすると子供を病院へ連れていっている最中に自分も子供と同じ症状になり、体全体から血の気が引いていく瞬間になり急に嘔吐や下痢を同時に行いたくなってしまうのです。

病人をみている親が家で苦しくなる分には、自分自身で対応することは可能ですが、外出先で体調を崩すことは大変辛いことです。

潜伏期間を含め子供の回復と感染を抑えることがどれだけ必要なのか、病気になってからでは遅いのです。

なる前に行える感染を防ぐことを徹底していれば、潜伏期間があったとしても乗り切ることができますし、体力維持をしていれば病気も受け付けないでいられるのです。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ