急性胃腸炎の感染経路 うつる感染を防ぐ

Sponsored Link

急性胃腸炎 感染経路 うつる

急性胃腸炎の特徴は、風邪ウィルスの一つで感染をしてしまうと急に体調が悪くなり、嘔吐と下痢を同時に行ってしまう症状の弱いものから強いものまで様々です。

 

ほとんどの場合、子供が集まる場所が感染経路だったりしますから、アミューズメントパークへ出かけたり行楽地へ出かけたりした後に感染してうつることがあるのです。

子供が沢山いる所には、玩具もありますし外で遊ぶアミューズメント施設にも手を触れる所があります。

そこには、多くの感染経路の品があるということです。

経営しているアミューズメント施設や玩具を置いている所では、毎日消毒はしていますが沢山の子供が一斉に集まってくれば消毒の効果も薄れていきますから、感染もはじまりだすのです。

遊んでいるその場では、子供も元気にしていますから全く気がつくことはないのですが、自宅へ戻ったり夜中になり具合が悪くなることもあり、嘔吐と下痢を繰り返すようになるのです。

 

急性胃腸炎の特徴としては、子供の場合グッタリすることがあります。

これは、体調が悪くなっているのと嘔吐と下痢をしていたのならば、かなりの体力消耗になっているということです。

でも、飲み物を飲ませても嘔吐を繰り返してしまいますから、朝の病院が始まる時間まで飲み物を飲ますことを避けるようにしましょう。

避けるにしても急性胃腸炎の時には、子供の状態を確認し非常時には夜間救急を受診するといいでしょう。

診察をしてもらうことで、朝の病院が始まる時間まで大丈夫なのかどうか確認することもできますから、数時間家で過ごすこともでき不安を抱えなくて済みます。

そして、病院の時間に診察して貰うことで医師から急性胃腸炎と診断され「子供の集まる場所に行っているか」と聞かれ確認するのです。

 

医師が子供の様子を見ながら血液検査や点滴が開始されます。

その後は、感染経路に気をつけながら清潔を保ち続けることでうつる確率を低くしていくことをすれば、家族に感染することもなくいられるのです。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ