大人も感染、ノロウィルスの初期症状はこんな感じ

Sponsored Link

ノロウィルス 流行 季節

風邪というとインフルエンザをまず一番に思い浮かべますが、ここ数年ノロウィルスもインフルエンザに負けず猛威を振るっています。

インフルエンザなら予防接種によってある程度リスクを軽減できますが、ノロウィルスは未だ効果的な薬がなく、対症療法を取るのみで、非常に厄介な病気といえます。

特に抵抗力の弱い子供やお年寄りがかかると、命にかかわることさえあるといわれていますが、感染力が強いので、普通の大人も感染します。

ノロウィルスに感染していることを本人が知らずにいると、一緒にいる家族や職場の同僚に感染してしまう場合もありますから注意が必要です。

感染は基本的に飛沫から感染しますから、気をつけさえすれば人からの感染を防ぐことは十分可能です。

トイレに行ったときの手洗いは感染を防ぐには特に重要です。

 

初期症状は、いわゆる風邪と似たようなものです。

人によって異なりますが、多くの場合、微熱が出てなんとなく体がだるい、気持ち悪くて食欲がないなどです。

高熱や咳、鼻水、のどの痛みなど、いわゆる風邪の症状とはちょっと違います。

ただ、風邪が胃腸に来たのかなと思っているうちに、激しい下痢と嘔吐に襲われます。

こうなると仕事や学校どころではなくなります。

歩くことさえ辛いときもあります。

感染性胃腸炎ですから、病院に行く際もあらかじめノロウィルスに感染している可能性があるということを電話で連絡しておいたほうがよいです。

感染をさけるため、病院内で別の部屋に通してくれる場合もあります。

体力が著しく落ちている場合にはその場で点滴してくれますし、下痢や嘔吐などの症状が軽くなるような薬を処方してくれます。

体力のある大人の場合は通常、3,4日で治ります。

自分の家族が感染した場合は、吐しゃ物などの汚物を飛び散らないようない処理し、汚れ物は漂白剤で処理してから洗うなど気をつけてください。

菌が残っているとタオルや衣類から感染してしまう場合もあります。

ノロウィルスに感染するとやっかいです。

日ごろから手を洗う習慣だけはつけておいたほうがよいです。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ