急性胃腸炎の症状とその検査とは

Sponsored Link

急性胃腸炎は粘膜の炎症により下痢や嘔吐、腹痛などの症状を起こしてしまうもので、ウイルスや細菌が胃や腸へ感染することで起こる症状です。

発熱や、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛と言った症状が多くみられ、嘔吐や下痢によって脱水症状を引き起こしてしまうこともあります。

 

急性胃腸炎 検査 X線 レントゲン

急性胃腸炎の検査

急性胃腸炎の検査は、腸炎の原因を究明するために血液の成分や腸内組織を分解することで、細菌による食中毒の場合、原因菌の特定を行うために生化学検査と言う血液や体内から採取した組織を遠心分離機で有形成分や無形成分に分離して調べるものや、細菌やウイルス、寄生虫などを排便の中から調べる便検査などがあります。

また急性胃腸炎の際に行われる胸腹部X線検査は、他の疾患の可能性がある場合に行われ、食中毒に関しては砒素中毒などの所見の場合、胃内容物を胸腹部X線で発見したということもありますが、細菌やウイルス、寄生虫以外の急性胃腸炎では原因物質の有無が分かる場合があります。

原因物質を問わず、何らかの異常症状がある場合には胸腹部X線で確認することができるため、初診においてしばしば行われるものでもあります。

 

また、成人の急性胃腸炎と幼児の急性胃腸炎では対応が違うので、細心を帰する意味で胸腹部X線を行われる場合が違ってきます。

症状がかなり進行している場合には心電図を行うこともあり、症状の進行具合を判断します。

急激な食中毒の場合には、知覚性障害や精神障害を引き起こしているときは重篤な症状であると言えます。

ウイルス検出キットでも検査をすることはできますが、短時間で検出できるウイルスは多くなく、あまり現実的ではないとされています。

ウイルス感染の急性胃腸炎の場合は、現在効果的な抗ウイルス剤がないため、薬物による対症療法を行い、整腸剤や吐き気止めなどを用いて症状を抑えます。

細菌感染が認められたときには、抗生剤の服用で治療します。

急性胃腸炎を起こしたときには本人も周りの家族も、手洗いなどを徹底して二次感染予防をすることが大切です。

ノロウィルスのようなウィルス性だと特に、感染力が強めなので気をつけたいですが、子供のオムツ替え等がある状況だと、非常に感染を防ぐのが難しいことがあります。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ