急性胃腸炎になった時の薬(整腸剤)

Sponsored Link

急性胃腸炎 薬

数時間後には、体調がおかしくなり嘔吐や下痢を開始する急性胃腸炎体験した人は子供でも大人でも辛く長い時間になるのです。

体力が弱っている時には、医師の診断で点滴も処方してくれますから自分で栄養を摂取することのできない子供や大人は点滴をすることで一時的に体力回復を望む事ができるのです。

急性胃腸炎になると脱水症状にも気をつけなくてはならないのです。

腸の働きが悪く炎症を起こしている状態の時には、飲み物を飲んでも嘔吐をしますし、食べ物はほとんど受け付けないのです。

そのため、水分不足になってしまい体力も奪われていくようになります。

ですが、点滴をすることで落ちていた体力が一時的に戻り、歩くこともできたりします。

子供ならば、グッタリしていたと思ったにもかかわらず、凄い快復力を見せてくれるのです。

体力がある程度戻ってくれれば後は飲み薬を使用することで改善に向けて頑張っていくこともできますし、親も一緒にケアをしていくことが楽になるのです。

乳幼児の急性胃腸炎は、おむつからでも感染しますし嘔吐した汚物を片付けしているだけでも感染してしまうので、処置をした後には必ず手洗いやうがいは欠かせないのです。

急性胃腸炎になると整腸剤を処方され、乳幼児でも粉薬が処方されますから自分で飲むことのできない赤ちゃんには、水に溶かしてスポイトを使って飲ませるといいでしょう。

スポイトも薬局でも販売していますし、薬を処方する調剤薬局でも販売しているのでどこでも入手することは可能になります。

一日に飲ませることで、お腹の調子を整えてくれますから早い回復を望むこともできます。

乳幼児から幼児に変わる頃には、吐き気がある時には座薬が処方されますから、説明書に記載された時間を守りながら使用してあげることで気持ち悪さを軽減してあげることもできるようになるのです。

また、大人も同じ物を処方されますから自分の分量で出されたものを飲み続けることです。

整腸剤の定番、ビオフェルミンです。子供向けには細粒タイプがオススメです。わたしの子供は甘みを感じたのか、ラムネと同じ味と言っていました。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ