子供も知っておきたい牡蠣で食中毒になった人の体験談

Sponsored Link

体験談 急性胃腸炎 ノロウィルス ロタウィルス

恐ろしい感染症といえばノロウィルスのことを想像しますが、このノロウィルスを蓄積しやすい食品というのがあります。

 

それは、牡蠣です。

 

牡蠣で食中毒というのは聞いたことがあるかもしれませんが、この牡蠣が原因となってノロウィルスに感染することがあるのです。

とはいえ対処法や予防法をよく理解しておけば、大好きな牡蠣を美味しくいただきながらノロウィルスを回避することができます。

ぜひ具体的な予防法と対策、あるいは体験談などを日頃からチェックして勉強するようにしておきましょう。

 

ノロウィルスは大人も子供感染します。

したがって対策を予防を講じる必要があるのは、基本的に人類全体といえるでしょう。

食中毒を起こして感染した場合は、症状が表に現れてきます。

どんなささいな症状でも気になったらすぐ病院に行くことが大切ですが、特に重い症状というものがあります。

それは、「下痢が何度も起こる」「38℃以上の高熱が発生する」「強烈な腹痛が起こる」「激しい嘔吐に見舞われる」ことです。

このような症状がどれか一つでも、あるいは複合的に現れるなら、ただちに病院に行くようにしてください。

水分補給を心がけ、消化の良いものを食べて、休息を取るようにしましょう。

特に子供の場合は免疫力が低いため重症化しやすい傾向にあります。

子供への予防と対策は特に早め早めを心がけるようにしてください。

ノロウィルスは牡蠣を通じて人に感染することがありますが、これは全ての牡蠣が良くないという意味ではありません。

ある牡蠣がノロウィルスを持っているかどうかが大事なポイントで、ノロウィルスを持っていない牡蠣ならいくら食べても平気です。

そして鮮度はあまり重要ではなく、どこで採取されたかや、いつ採取されたものかということが大事になります。

ノロウィルスに感染すると脱水症状におちいる危険性がありますので、もし感染したら水分補給を行うようにしましょう。

水分は普通の水よりも、ORS飲料水補給のほうが良いといわれています。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ