牡蠣の食中毒を防ぐ加熱・調理方法(加熱時間、殺菌、何分加熱しても良いのか)

Sponsored Link

冬の食材といえば、

(生)牡蠣を連想される人も多いのではないでしょうか。

 

それほど牡蠣は美味しい食材として、

私たちの食卓を賑わせているのです。

 

 

しかし、

万が一の食中毒を発症する可能性もなきにしもあらず…

 

(どの食材にも言えることですが)…。

 

 

そこでこの項では、

牡蠣の食中毒を発症しにくい調理方法等々について触れてみたいと思います。

 

 

まず牡蠣による食中毒を防ぐ基本的なポイントとして、

「加熱と加熱時間」があります。

 

 

牡蠣が食中毒を発症する原因として、

ノロウィルスを内臓に貯えてしまっていることが挙げられます。

 

 

そのノロウィルスを不活性化するためには

 

(細胞を死滅させる)、

 

85℃以上の温度で1~2分間加熱する必要があります。

 

 

調理方法に例えるとするなら、

 

沸騰したお湯(100℃以上)で1~2分間加熱した後、

 

180℃の油で牡蠣をフライすればいいのです(=4分以上で揚げる)。

 

 

(※牡蠣の美味しさを損なうことなく、

しかも食中毒の危険性をシャットダウンします。)

 

 

しかし何故、

 

これほどまで

 

「加熱と加熱時間」

 

を重要視する必要があるのでしょうか。

 

 

実は牡蠣の内臓に貯えられたノロウィルスは、

 

熱に対して強い耐性を持っているのです。

 

 

中途半端に加熱すると、

 

ノロウィルスが不活性化せず

 

食中毒の症状を引き起こしかねないのです。

 

 

だから上記で明記したように、

 

きちんとした加熱時間を設定する必要があるわけです。

 

(※ちなみにどうしても生牡蠣が食べたいのであれば、

 

内臓を残すといったちょっとした工夫をすれば良いと思います。)

 

 

これで、

牡蠣の調理方法を含めた食中毒の殺菌方法が

ご理解頂けたと思います。

 

牡蠣 食中毒 加熱 調理方法 加熱時間 殺菌 加熱しても

 

ここで余談となりますが、

牡蠣とレモンの関係性について触れておこうと思います。

 

牡蠣を食べる時、

多くの人がレモンをかけていると思います。

 

 

何故なら牡蠣にレモンをかけると、

牡蠣の風味が広がるからです

 

(=個人差はありますが、一層美味しくなる)。

 

 

実はそれとは別に、

 

牡蠣にレモンをかけることによって2つの大きな役割を果たしているのです。

 

 

○レモンの殺菌作用…

レモンには殺菌作用があるといわれています。

 

牡蠣を食べる前にレモンをかければ、

 

牡蠣に付着している菌を殺菌してくれます。

 

 

○栄養効果…

牡蠣には、

豊富な栄養分が含まれています。

 

 

実はレモンをかけることによって、

 

その豊富な栄養分を体内に吸収しやすくする効果があるのです。

 

(※例えば女性に不足がちな鉄分/

 

亜鉛を摂取することによって、

 

貧血予防を促進することができます。)

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ