牡蠣の食中毒の潜伏期間と完治するまでの回復期間はどのくらい?

Sponsored Link

牡蠣 食中毒 潜伏期間 回復期間

牡蠣には豊富な栄養素が含まれており、別名海のミルクとも呼ばれています。

弱った肝機能を強くする成分や貧血に悩む女性にはぴったりの食材ですが、同時にウイルス性の食中毒を発生させることもあり、生で食べるときは特に注意が必要です。

 

牡蠣の食中毒がおきやすい時期は冬です。

この時期は最も牡蠣が市場に出回る時期であり、忘年会、新年会などのイベントで生牡蠣を食べる機会も増えてきます。

 

牡蠣の食中毒を引き起こす原因となるウイルスは主にノロウイルスと呼ばれています。

海水がノロウイルスに汚染されると、その汚染された海水が牡蠣の内臓に蓄積し、徐々に濃縮されていきます。

それが出荷され市場に出回ったとき、火を通して食べるとノロウイルスは死滅しますが、生で食べてしまうと食中毒を発症してしまいます。

 

基本的に潜伏期間は12時間~72時間と言われています。

前日の夜に牡蠣を食べたら、翌日の朝には具合が悪くなり始めるというケースが多いので、たった1日で食中毒を発症するケースがほとんどです。

ただ、同じ場所で一緒に食べた人の中でも、食虫毒を発症する人としない人、重病化する人と症状が軽く回復が早い人など、個人差が大きいのも特徴です。

 

症状は嘔吐、下痢、腹痛、発熱などです。

病院にいっても、牡蠣の食中毒を治す即効性のある薬はありませんので、整腸剤を処方されることがほとんどです。

とにかく回復までは、程度に水分補給しながら体調の回復を待つしかありません。

ただ、水分補給がままならないほどの下痢や嘔吐、高熱の場合は、脱水症状になる前に病院で点滴等の処置をしてもらいましょう。

 

完治するまでの回復期間は大体3日です。

一過性のものですので、嘔吐や下痢が激しい場合は、食事を控え、胃をからっぽにして休ませても構いません。

ただ、治ったからといってすぐに普段の食事にするのではなく、徐々に胃を慣らすためにも薄味の野菜スープやおかゆ、柔らかく煮たうどんなどから食べ始めましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ