牡蠣を食べたことによる食中毒の症状とは

Sponsored Link

牡蠣 食中毒 急性胃腸炎

牡蠣は、海のミルクとも呼ばれ、グリコーゲンやタンパク質、カルシウムなどの豊富な栄養素が含まれていることから肝機能を強くする働きや貧血症に悩む人の味方になりうる食材です。

牡蠣は、冬場に食中毒が発生しやすい食材のひとつでもあります。

冬場に発生しやすい原因は、冬になると生牡蠣の出荷が盛んになることです。

他の貝類でも食中毒を起こす可能性はありますが、牡蠣は生で食べる習慣があることが他の貝よりも発生率が高くなる要因です。

 

牡蠣の食中毒の原因は、貝毒、ノロウイルス、腸炎ビブリオ菌などが代表的で、主な症状とは、嘔吐や下痢、腹痛などがあります。

潜伏期間は早くて30分長くても48時間と他の潜伏期間よりも全体的に短いため、前日の夜に食べた牡蠣が原因で翌日の朝には発症していることがあります。

生牡蠣を食べた人全員が発症するわけではありませんが、リスクが高まります。

しかし、子供や高齢者、病中病後の免疫力が落ちているなど体調が優れないときは、発症しやすいため、その場合には生食は避ける方が良いとされています。

ノロウィルスや腸炎ビブリオ菌は、加熱することにより食中毒を発生しにくくなるため、沸騰したお湯で1分から2分程度最低でもゆでたり、カキフライの場合は180度の油で4分以上揚げることでリスクを低減させることが可能になります。

どうしても生で食べたい場合には、食べる数を減らすことでリスクを減らすことができます。

また、貝毒の場合は、加熱処理をおこなっても対処できないため、多く発生する3月から5月と10、11月は生食を避ける方がよいとされています。

もしも、あたってしまった場合には、治療法がないため体内から原因となる毒やウイルス、菌を排出するしか回復術がないため、下痢止めは服用しないことです。

症状がひどい場合には、脱水症状になることがあるため、こまめに水分補給を行ったり、口から補水できない場合は病院にて点滴をしてもらうことで比較的楽になれます。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ