牡蠣を食べて食中毒に!他の人にうつる?感染する?

Sponsored Link

牡蠣 食中毒 感染 うつる

牡蠣を食べて食中毒になってしまった場合、原因としては牡蠣の内部に蓄積していたノロウイルスが原因なことが多いです。

 

牡蠣によるウイルスがうつる感染経路には実は3種類あります。

接触感染、飛沫感染、空気感染です。

 

ノロウイルスは罹患した患者の便や吐瀉物に大量に含まれています。

このため、これらの汚物処理の方法不適切だとウイルスを体内に取り込んでしまいます。

具体的には勢いよく吐いたものの飛沫を浴びてしまう、吐瀉物を掃除する際に手袋やマスクを着用しなかった、またその後の手洗いが不十分だった、等です。

つまり3種類の感染経路のうち飛沫パターンであることが多いのです。

しかし、空気感染の疑いの報告があるのも事実です。

やはりこれも吐瀉物や便の処理時に起こることなのですが、飛沫よりさらに小さい空気中の粒子にウイルスが付着して周囲の人に感染するというケースです。

空気中に舞い上がってしまったウイルス付き粒子が呼吸などと共に口内に侵入し、消化器官に入り込んで病気を発症させてしまうのです。

食中毒というと一般的には原因となるウイルスを含んだ食品を口にしない限り罹患することはない、と考えられがちですが、ノロウイルスはそれだけでは説明できない経路で病を発症させるものだという認識をもつことが大切です。

一度かかってしまうと周囲の人にもうつる食中毒なのだ、ということを理解し、まずは第一段階の発症を抑えることが最も有効な予防となります。

牡蠣は栄養分も豊富でおススメの食品ですが、ノロウイルスが住みつきやすい食品でもあるため、必ず十分に加熱したうえで食べることが重要です。

牡蠣などの貝類ばかりではありません。

肉や魚の生食にたいしても同じようなリスクがあるということを忘れてはいけません。

また、周囲に食中毒にかかってしまった人がいた場合には、必要に応じてマスクの着用なども有効となります。

空気中のウイルスは自由に空間を移動するため、完全防御はできません。

しかし、日々の健康を保つことでウイルスに対する抵抗力を維持したり、免疫力を高めたりすることで対処することは可能です。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ