子供が感染した急性胃腸炎の体験談(救急病院は有効か)

Sponsored Link

体験談 急性胃腸炎 ノロウィルス ロタウィルス

急性胃腸炎は、子供でも特に体力のない乳幼児がかかりやすく嘔吐や下痢を繰り返してしまうので、病気になってしまった時には看護が必要になります。

急性胃腸炎になってしまうと、嘔吐や下痢が安定するまで外出を避ける方がいいですし、もし外出した場合には飛沫感染するのでマスクの着用も必要になりますが、小さな赤ちゃんの場合はマスクで口を塞いでしまわないようにするためにも外出は避けるようにした方がいいでしょう。

そして、家に誰かが来られる時にも子供が一緒に来るのなら病気であることを伝え、家に来ることを控えて貰う方がいいでしょう。

そうしなくては、潜伏期がありますから子供はすぐに感染してグッタリとしてしまうのです。

普段元気に過ごしていても子供が多く集まる場所へいくことで、飛沫感染してしまう急性胃腸炎は数時間で発症することもありますし、一日経過してから様子に変化することもあるのです。

人によって症状も違いがあり、一般的には嘔吐と下痢そして高熱と風邪の酷い状態になることが多く、また汚物を掃除していると家族も感染することがあるのです。

グッタリしている乳幼児は、物を口にすることもできない状態になる可能性も高く異変を感じた場合には、午前中病院で診察しても午後再び病院へ行くこと、もしくは電話で症状を伝え医師や看護師の指導を受けると病状を把握することができるのです。

特に、急性胃腸炎になると夜中に苦しがることもあります。

しかし、救急病院へ行ってもきちんとした処置はして頂くことができないので、一時しのぎの飲み薬が処方されるだけになってしまうのです。

朝一になったらかかりつけの病院へ行くことをお勧めします。

病院が始まっている時間ならば様々な精密機械を使用することもできますし、血液検査やレントゲン全てを動かすことができ、体の隅々まで検査してもらえるのです。

また、点滴も用意してくれますから体力のない乳幼児は、点滴である程度回復もするのです。

こういった体験談は多く聞くことがあるのです。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ