ノロウィルスに罹った子供の体験談

Sponsored Link

体験談 急性胃腸炎 ノロウィルス ロタウィルス

冬にかかる胃腸炎の集団感染で一番多いのがノロウィルスです。

ノロウィルスは潜伏期間2~3日後に出てきます。

症状は、嘔吐、下痢便臭も特有の異臭を放ちます。

腹痛、発熱、を起こします。

感染すると激しい下痢と食欲低下、嘔吐、などによる脱水症状が起こります。

感染したのが子供や老人の場合は、脱水症状を引き起こしやすいので、病院に受診して、点滴治療を受ける必要があります。

初めの2から3日間は絶食します。

その間に体の中から、便を出し切り、菌を減少させます。

便の中に菌がたくさんいるので、腸の中を空っぽにする必要があります。

まれに吐物による肺炎を併発することがありますので嘔吐後の状態についても注意観察する必要があります。

ノロウィルスに感染した子供の体験談では、下痢が酷くて、食事が出来なかったといいます。

下痢も止まらなくて、ノロウィルスは便や吐物の乾燥したものから飛沫感染をします。

排便中にノロウィルスがいて、乾燥した空中を浮遊していることがあります。

それによる感染もあります。

また排便後の処理中に手に菌がついてその菌が、他の人に感染する事もあります。

幼稚園や、学校などの集団生活においては、ひとりノロウィルスに感染した子が出ると何人かに感染している可能性があります。

学級閉鎖になったりもします。

消毒は、ハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムの消毒が必要になります。

おむつや、食器(できれば使い捨てのものを使う方が良いです。)などを消毒します。

ノロウィルスに罹ったら、下痢を止めてはいけません。

腸内のノロウィルスをすべて出し切る為に下痢を止めないようにします。

自然にノロウィルスが腸内から減少すれば、下痢も治まります。

ノロウィルスが検便からでなくなるのには1か月はかかります。

その間は、他の人に感染しないように気を付けましょう。

免疫力の差によっても症状は悪化します。

常日頃、免疫力を付けるように食生活や、日常生活に心がけましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ