急性胃腸炎でストレス診断 ストレス原因の入院(とその期間) 薬、仕事(への影響、復帰までの期間)

Sponsored Link

突然お腹の調子が悪くなり(我慢できなくなり)、

病院で診察を受けてみると「急性胃腸炎」…

そして、入院してしまうことも…。

 

急性胃腸炎はウィルス性感染症で、

突然「胃痛/嘔吐/下痢」といった症状を発症します。

 

そして急性胃腸炎の原因の1つに、

「ストレス」もあることも忘れてはいけません。

 

急性胃腸炎 ストレス診断 ストレス原因の入院(とその期間) 薬、仕事(への影響、復帰までの期間)

 

事実、ストレスによる急性胃腸炎によって、

入院を余儀なくされることが往々にしてあるのです。

 

しかし何故、ストレスが急性胃腸炎を発症させるのでしょうか。

 

私たち人間はストレスを感じてしまうと、

(無意識に)「脳が刺激される→自律神経が活発に行動」することによって、

胃腸の動きが活発になります。

胃腸の動きとは、胃酸分泌のこと…

つまり「ストレス過多→さらに自律神経が活動→胃酸過多」になり、

胃粘膜を傷付けてしまうのです。

 

胃粘膜を傷付けてしまうと、

吐血/血便といった症状を発症することも(=ストレス性胃腸炎)。

(ストレスがもっとも感じる部分=胃腸。)

 

もし私たちがストレスによる急性胃腸炎を発症し入院することになった場合、

入院期間や薬物治療等々について触れてみたいと思います。

 

急性胃腸炎で入院する場合

たいてい2~3日で胃の調子が回復し退院することが多いといえます。

(もちろん重篤な急性胃腸炎であれば、入院期間は長くなります=検査結果次第。)

 

入院期間中に処方される薬は

「消化管運動機能改善薬・健胃剤/胃酸分泌抑制薬・消化剤」です。

 

○消化管運動機能改善薬・健胃剤…

胃腸の運動低下による食欲不振/消化不良を改善する薬。

 

○胃酸分泌抑制薬・消化剤…

胃酸分泌を調節しているH2受容体に働きかけ、胃酸分泌を抑制する薬。

(脱水症状が見られるようであれば、点滴投与を行います。)

 

そして退院後、職場復帰(仕事)の時期について…

急性胃腸炎は感染症でもあるため、

「退院、即職場復帰」すると周囲の人々(同僚)に移す可能性もあります。

 

しかし、インフルエンザのように自宅待機の期間が決まっているわけでもありません。

どちらにしても「下痢や嘔吐が完全に治まり、食事も普通に摂れる」ようになったら、

職場復帰してもいいと思います(=担当医に確認)。

 

ストレスによる急性胃腸炎を発症した場合、

当然のことですが病院で治療を受けなければなりません。

しかしそれ以前に、常日頃からストレスを溜めこまない生活をするように、

心掛ける必要があるのではないでしょうか。

(適度な運動/趣味(好きな音楽や映画)/睡眠/好きなことに没頭する等々)

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ