ノロウイルスによる急性胃腸炎について

Sponsored Link

昨今では原因不明の症状に悩まされている方が非常に多くなってきています。

その中でも特に多いのが急性胃腸炎です。

急性胃腸炎の症状は軽度のものから重度のものまで様々で、軽度のものではちょっとした腹痛だけですぐに治まってしまい普通の体調不良と勘違いされるケースがあります。

重度の症状の場合では激しい腹痛や嘔吐などを伴い、子供や高齢の方の場合は命に関わる危険を伴うケースもあります。

急性胃腸炎を引き起こす主な原因は食中毒によるものが多く、免疫力の低下している方は非常に発症しやすい病気になっています。

賞味期限が切れた食べ物を食べたりすると発症してしまうので、気をつけましょう。

また熱に強い菌なども存在しますので、火を通したからといって油断は禁物です。

調理した料理の冷蔵保存はできるだけ早く消費するようにしましょう。

 

また急性胃腸炎にはウイルス性の急性胃腸炎が存在しており、特にノロウイルスによる急性胃腸炎が話題を集めています。

ノロウイルスはとても恐ろしいウイルスです。

ノロウイルスに感染すると激しい腹痛や嘔吐を長時間繰り返します。

またノロウイルスは非常に強い感染力を誇っていますので、僅かなウイルスが口の中に入るだけでも感染してしまいます。

またノロウイルスを含んだ嘔吐物や便などからも感染する為、二次感染に気をつける必要があります。

ノロウイルスは秋から冬にかけて流行し、食べ物の牡蠣に非常に多く含まれているといわれています。

その為秋や冬にちゃんと加熱されていない牡蠣を食べるのは非常にリスクが伴います。

秋や冬などのシーズンに牡蠣を食べる場合はちゃんと加熱してから食べるようにしましょう。

免疫力のない方や体力のない方が急性胃腸炎を引き起こしますと大変危険です。

少しでもおかしいと感じましたら、すぐに病院へ受診するようにしましょう。

重症化してしまってからでは手遅れになってしまう可能性があります。

また流行しやすい同時期にはインフルエンザなどの病気も流行していますので、受診時にはマスクなどの着用が求められます。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ