急性胃腸炎の食事制限 いつから普通に食べられるか レシピ(ヨーグルト/プリン/うどん/コンビニ/納豆) 効く食べ物/消化に良い/果物

Sponsored Link

急性胃腸炎を発症してしまうと、

嘔吐/下痢/腹痛/発熱といった症状を引き起こしてしまいます。

そして急性胃腸炎を発症した時の絶対注意事項として、

「無理して食事をしてはいけない。」ことが挙げられます。

 

急性胃腸炎 食事 食事制限 レシピ ヨーグルト プリン うどん コンビニ 納豆 効く食べ物 消化に良い 果物)いつから普通に食べられるか

 

何故、急性胃腸炎を発症してしまうと食事をしないほうが良いのでしょうか?(=食事制限)

その理由として…

嘔吐や下痢といった症状を発症している時、

胃腸の働きが非常に鈍くなっているからです。

つまり身体に元気を出そうと(勘違いして)食事をしたとしても、

食べ物は胃の中で消化しきれず(胃の整腸機能が低下しているため)…

結果として、嘔吐や下痢の繰り返しになってしまうのです。

とにかく急性胃腸炎の場合~嘔吐や下痢といった症状が発症している間は、

とにかく「胃を休ませる」ことが重要なのです。

(※嘔吐や下痢は身体に侵入した不要なモノを排出している症状だからこそ、

そうした症状を発症している時に食事をすれば悪循環を招くのです。)

ただし、水分補給だけはこまめにする必要があります。

何故なら水分補給をしなければ、

脱水症状を引き起こし合併症を伴う可能性もあるからです。

では急性胃腸炎の場合、

どのような段階を踏んで食事をしていけばいいのでしょうか。

通常、急性胃腸炎は2~3日もすれば回復傾向に向かいます。

嘔吐が治まってきたら、

まず重湯や固形物が入っていないスープ類を摂取するようにしてください(=食事制限)。

例えば「もう大丈夫!」と過信して普通通りの食事を摂ってしまうと、

またぶり返すことも考えられるからです。

(※一度に、たくさんの食事をしないことがポイントです。)

そして嘔吐だけでなく下痢(腹痛)も治まってきたら、

徐々に食事の量を増やしていってください。

まずうどん/お粥/豆腐といった消化に良い食事~納豆といった消化に効く食べ物(消化酵素促進)~そして、

果物/ヨーグルト/プリン等々…もちろん、自分の体調と相談しながら食事をすることが鉄則です。

(※ちなみに胃腸に負担を掛ける食事…

きのこ類/こんにゃく/アルコール類/辛いモノ(甘いモノ)等々があります。)

こうした経過をたどり、

急性胃腸炎は1週間程度で今までと変わりのない日常生活を過ごせるようになります。

(※完治となれば、約2週間を目安にすればいいと思います。)

是非、みなさんも覚えておいてください…

「急性胃腸炎の症状を長引かせないためには、

「胃を休ませる/食事制限」の2つを意識しながら、回復を待つスタンスが重要。」であることを…。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ