ノロウィルスとは

Sponsored Link

ノロウィルスとは、ウイルスが原因で起こる胃腸炎のひとつで、主に冬の時期に多く発症します。

ノロウィルスは、非常に感染力が強いので、成人を含めあらゆる年齢の人に発症しますが、抵抗力に弱い乳幼児や高齢者の人は重症化しやすいため、特に注意が必要になります。

またそのため保育園や幼稚園、高齢者施設などではノロウィルス集団感染の危険性も大きいですので、感染の広がりには、十分注意することが重要です。

ノロウィルスは、基本的には小腸の粘膜で増殖してしまうウイルスで、その主な症状としては、おう吐や吐き気、また腹痛や下痢などがあります。

発熱は比較的軽めで、症状にもよりますが、だいたい軽い場合には2日前後で改善していきます。

ですが、やはり乳幼児や高齢者は下痢やおう吐などによって脱水症状を引き起こすこともありますので、水分補給に気を付け、ひどくならないうちに早めに医療機関を受診することが大切です。

ノロウィルスの感染ですが、感染者の吐しゃ物や便などに触れ、それから感染することが多いです。

また、生ものなどにウイルスが付着しており、そこからの感染する場合もあります。

最も有効な対策としては、手洗いがあげられます。

特に流行時には、トイレの後、あるいは調理の前や食事の前、外からの帰宅後などには、徹底して十分な手洗いを行います。

石鹸や専用の手洗い用洗剤などを使い、流水でしっかり洗い流します。

その後、除菌アルコールなどでしっかりケアし、使用するタオルなどもできるだけ共用のものは避け、使い捨てのペーパータオルなどを使用します。

食品に関しても、流行っている時期は特に十分に加熱を行うことが大切です。

また手だけではなく、調理器具などにも注意を払います。

家族にノロウィルスに感染している人がいる場合には、吐しゃ物などは必ずビニール手袋や使い捨てマスクなどを使用して処理し、素手で扱うことを避けます。

床なども塩素系の漂白剤を用いて消毒します。

症状が落ち着くまで、水分補給に気を付け、安静にしていることで改善していきます。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ