意外と多い大人の急性胃腸炎

Sponsored Link

急性胃腸炎 大人

急にお腹が痛くなったり、嘔吐してしまった時にただの体調不良だと思われている方は少なくありません。

しかしそれらの症状は病気による症状である可能性があり、そのまま放置していると大変危険です。

症状が軽度であれば数時間の経過観察をされる事が望ましく、重度の症状の場合は病院へ受診される事が望ましくなります。

腹痛や嘔吐などを引き起こす病気として代表的なのは急性胃腸炎と呼ばれる病気です。

人生の中で急性胃腸炎を発症されている方は非常に多く、また軽度の場合はほとんど症状が出ないので発症している事に気付いていない方もいらっしゃいます。

また軽度のものは薬の服用などをおこなわなくても治ってしまうので、比較的軽視されている病気であると言えます。

急性胃腸炎を発症される方は意外に大人に多いです。

 

何故急性胃腸炎を発症される方が大人に多くなってきているのでしょうか。

その大きな原因は自身の過信にあると考えられます。

急性胃腸炎を引き起こす大きな原因は食中毒です。

大人の方の場合、不規則な生活を送っている方が非常に多く免疫力が低下されている方が非常に多くなってきています。

しかし自分自身の免疫力を過信して長期間保存していた料理や賞味期限が切れた食品を食べるケースが多いのです。

その結果、急性胃腸炎を発症する事態に発展してしまいます。

 

また食中毒を引き起こしやすい時期は春から夏にかけての気温が高い季節になります。

何故気温の高い季節に食中毒が発生しやすいのでしょうか。

 

その理由はウイルスや菌の特性にあります。

食中毒を引き起こすウイルスや菌は気温が上昇すると繁殖しやすくなります。

その為秋や冬に比べてウイルスや菌が繁殖するスピードが早くなってしまうのです。

特に夏場はすぐに食べ物が傷んでしまうので注意が必要です。

また熱に強いウイルスや菌が存在しますので、長時間外気に触れやすいカレーやシチューなどの煮込み料理なども注意が必要です。

ウイルスや菌を繁殖させない為にも食べ物を保存される際はすぐに冷蔵庫や冷凍庫で保存するようにしましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ