牡蠣による食中毒の対処法について

Sponsored Link

牡蠣 食中毒 調理 食事 胃腸炎

牡蠣は、良質なタンパク源で、消化吸収の良いグリコーゲンを多く含んでいるため、滋養強壮や神経鎮静、貧血などに効果があると言われています。

また、鉄やビタミンB1、B2も多く含まれ、血圧を正常に保つ働きのあるタウリンを多く含んでいるため、低血圧の人にも効果的です。

 

その反面、牡蠣は、食中毒になることもあります。

牡蠣の食中毒の原因は、ノロウイルスや腸炎ビブリオ菌、貝毒などが代表的です。

ノロウイルスや腸炎ビブリオ菌の場合は、下痢や嘔吐、腹痛、発熱などがあり、貝毒の場合は、しびれや口内の違和感などの症状が出ます。

潜伏期間は、全体的に短めで、

貝毒は食後30分から4時間、

ノロウイルスは、食後24時間から48時間、

腸炎ビブリオ菌は、食後2時間から36時間とされています。
食中毒になった場合の対処法としては、ウイルスや菌、毒を体外へと排出する以外に回復方法がありません。

そのため、体外へ排出できなくなるため、市販の下痢止めは飲まないことです。

軽い食中毒の場合は、数日間で下痢や吐き気などの症状が自然に治まりますが、食中毒で死亡するケースもあるため、乳幼児や高齢者、病中・病後の人、意識が朦朧としている、呼吸が乱れているなどの症状がある場合には、早急に医療機関を受診する必要があります。

 

また、自宅での手当の場合でも下痢や吐き気などの症状がひどい場合には、脱水症状に注意が必要になります。

口から水分が取れない場合にいは、病院で点滴してもらうことで比較的楽になることができます。

 

牡蠣に当たらないようにするには、ノロウイルスや腸炎ビブリオ菌は、熱に非常に弱い性質から、2分以上沸騰したお湯でゆでたり、180度の油で4分以上揚げるなど、熱を加えることで、リスクを下げることができます。

生食で食べたい場合は、食べる数を減らし、リスクを下げることが重要です。また、体調が優れない時には重症化しやすい傾向があるため、生食は控えた方が良いとされています。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ