ノロウィルス 妊婦(妊娠中)・授乳期に感染した場合の赤ちゃんへの影響について

Sponsored Link

ノロウィルス感染 妊娠 授乳期 妊婦 影響 赤ちゃん

秋が深くなり、段々とウイルス性の病気が

流行するシーズンが到来しましたが

ノロウィルスも年末にかけて

流行する恐れがあります。

 

特に、乳幼児やお年寄りの感染も危険ですが

妊婦さんも注意しなければなりません。

 

ノロウィルスは

風疹のように、妊娠中に罹患しても

難聴になるおそれはありません。

 

しかし、妊婦さんがノロウィルスに罹患した場合

脱水症状が胎児にとても悪影響なので

危険に違いはありませんね。

 

普通の嘔吐下痢とまったく違いますから

妊娠中の場合、自己判断せず

必ず主治医に相談してください。

 

私の場合、

夜中でしたので、産院に電話して

即入院で点滴を入れてもらって

事無きを得た記憶があります。

 

自分ではどうして良いかわからなかったし

最初の子供だったので

不安で不安でたまらなかったので

深夜にも関わらず電話して

対応してもらいました。

 

産科のある病院は、深夜にも対応していますから

辛い中あまり悩まず、深刻に考えず主治医に電話すると

的確な指示をしてもらえますよ。

 

それに、脱水症状が進んでしまうと

赤ちゃんに水分を補給することや

血液を送ることができなくなり

無酸素状態になってしまうことがあります。

 

そうなってしまうと

最悪の場合、赤ちゃんの呼吸が止まってしまうので

緊急帝王切開も必要になってしまうかもしれません。

 

また、授乳中のお母さんが

ノロウィルスにかかってしまうと

赤ちゃんにうつる可能性が高くなります。

 

なので、赤ちゃんがノロウィルスにならないために

周囲環境を清潔に整えてやる必要があります。

 

高熱で苦しんでいるお母さんに

それは無理難題ですから

お父さんにがんばってもらうしか

ないですよね。

 

ノロウィルスの二次感染を予防するのに

オススメなのが、使い捨てグローブと不燃糸マスク、塩素系漂白剤です。

周りの家族がノロウィルスに罹患した時でさえ

私はとっさにマスクをしました。

 

周りから冷ややかな目で見られましたが

結果的に

家族の中で唯一ノロウィルスになりませんでした。

 

結局、嘔吐物の処理やドアノブなどの菌の付着しているところを

素手で触ってしまうと

いったんついてしまったノロウィルスは

なかなか薬用石鹸だけでは除菌できません。

 

オススメは塩素系漂白剤ですが

じかに使うと、手荒れの原因にもなりかねません。

 

必ず吐しゃ物の処理は、グローブ&マスクをして

キッチンペーパーで覆い取ってください。

そして、

塩素系漂白剤のしみ込ませた雑巾で、数分汚れと菌を吸いこませます。

そしてふきとって、雑巾は捨ててください。

 

的確な環境の整備が、二次感染を予防し

赤ちゃんまたはご家族が安心して

過ごせる環境になりますよ。

>>> ノロウイルス対策市販グッズ(家庭用除菌スプレー・消毒液)

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ