ノロウィルス対策・予防を考える

Sponsored Link

ノロウィルス 対策 予防

ノロウィルスの対策について考えるとき、まずはその特徴と感染経路について知っておくことが大切です。

ノロウィルスにどんな特徴があるかご存じですか?

基本的な特徴としては、12月~3月に特に多く発生するということがあります。

また症状として、発熱や嘔吐、吐き気、下痢、腹痛をもよおすことが知られています。

感染力がとても強いことも特徴で、ウイルスによって感染が広がります。

ノロウィルス感染経路についてはいろいろな経路が考えられますが、大きく3つを挙げることができます。

一つは、手指からの感染です。

状況としては排泄物の処理時などにおいて、汚染した物や手指を介して感染します。

さらに、調理器具などを通じて感染するケースもあります。

これは二次汚染といえるものですが、汚染した調理器具に盛られた食品を食べて食中毒となるケースです。

もう一つの経路としては、貝類などの生物を食べることによる食中毒があります。

さて、これらの特徴と感染経路を考慮したうえでノロウィルス対策を行う必要があります。

 

どんな対策や予防ができるでしょうか?

まず、感染を防ぐための衛生管理を実行することができます。

これには複合的にいろいろなことが関わってきます。

食材をしっかり加熱することもそうですし、調理に際してはなるべく手袋を着用すること、また調理後には手洗いを欠かさないことが必要です。

また調理器具の消毒も感染予防につながります。

調理器具の消毒は、次亜塩素酸ナトリウムで行うことができます。

手洗いによる予防では、注意しておくことがあります。

それは、手洗いが十分になされる部分と、不十分になりやすい箇所があることです。

不十分になりやすい部位は手の外側ですが、こういう洗浄が行き届きにくい箇所を念入りに洗うようにしましょう。

トイレは感染経路になりやすいので、用を足した後は2度手洗いを徹底するようにしましょう。

事前に感染ルートを頭に入れておけば、衛生管理はしやすくなります

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ