ウイルス性急性胃腸炎の原因とは何か

Sponsored Link

ウイルス性急性胃腸炎は、ウイルスなどが原因となり発症してしまう胃腸炎で、ノロウイルスやロタウイルス等といった胃腸炎のことをいいます。

冬場に発症することが多く、学校や介護施設などいった場所で感染が広がることが多く流行してしまう事が多いです。

ウイルス性急性胃腸炎の原因としては、感染してしまった人の便や嘔吐物から、それらに何だかの形で少しでも触れてしまったり、飛沫感染することで人から人へと感染してしまうことが多いのです。

また食品による感染も稀にあり、調理をした物がウイルス性急性胃腸炎に感染していた場合、それが食品に付着してそれを食べた場合でも感染してしまうこともあります。

または二枚貝などでも、生であったり十分に加熱していない場合、汚染されたものを食べてしまった場合にも起こりえることもありますので、注意が必要となります。

 

ウイルス性急性胃腸炎になってしまった場合、特別な治療法は現在なく症状を減少する治療法が行われます。

小さなお子さんや高齢の方は脱水症状を起こしやすいため、嘔吐の症状が治まり次第水分を補給することが必要となってきます。

また高齢の方ですと、誤嚥性肺炎を引き起こしてしまうと死に至る可能性も出てきてしまうため、早めに医療機関で受診することも大切です。

回復を早めたいと下痢止めなどを服用しがちですが、ウイルス性急性胃腸炎場合、悪い菌を出してしまうほうが回復が早いと言われています。

下痢止めを服用し回復が遅れてしまう可能性も出てくるため自己判断での服用には注意が必要です。

またウイルス性急性胃腸炎の原因をつくらない為にも、予防が大切になってきます。

これは他の感染性の病気にも同じことがいえますので、日常生活での予防を心がけましょう。

手を洗うことはもちろん、免疫を低下させないように健康管理にも気を付けましょう。

子どもや高齢の方が多くかかりやすいのは免疫力が低いからとも言われていますので、普段から体調管理には十分に気を付け、またストレスなどもためないように十分に睡眠をとるなど心がけましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ