ロタウィルスになった子供の体験談

Sponsored Link

体験談 急性胃腸炎 ノロウィルス ロタウィルス

胃腸炎の原因菌のロタウィルスは非常に感染力が強く、少しの菌が体内に入ることで感染します。

手洗いを十分に行っていても消毒をしないと、菌が手に付着していたために、その手で料理を作って、感染させてしまう事もあります。

免疫力の弱い、0歳児から6歳児の感染が多いです。

大人の場合は何度も感染をしているので、症状はあまり出ません。

初めての感染の場合かなりきつく症状が出ます。

感染後2日から4日の潜伏期間後吐き気、嘔吐、水の様な下痢、腹痛、熱発の症状が出ます。

下痢は、ひどくなると白い便になります。

嘔吐下痢による、脱水症状を引き起こすことがありますので、電解質のバランスも崩れやすくなります。

スポーツドリンクなどによる水分補給を十分に行う必要があります。

ロタウィルスによる感染を引き起こした子供の体験談によると、温泉などの公共施設に行っていて、そこに下痢をしている女の子が入っていたそうです。

温泉の床の上に下痢をしてしまったという事でしたが、その子は温泉にも使っていました。

その子と一緒に入った子供が、2~3日後に下痢嘔吐の症状が出て病院に行ったら、ロタウィルスと言う診断を受けたという事です。

その女の子のお母さんも自分の娘がロタウィルスに感染しているとは、知らなかったようです。

その時子供だけでなく、お母さんも一緒になって感染してしまったようです。

本当に、感染力の強い菌ですね。

体力のある子は、入院しなくても、いけますが、体力のない乳幼児はすぐに脱水症状を起こしますので、入院の必要があるでしょう。

合併症として、痙攣、肝機能異常、急性腎不全、脳症心筋炎、場合によっては死に至ることもあります。

痙攣と意識障害が出てきたら、すぐに病院に行きましょう。

現在特効薬はありません。

対象療法がおこなわれます。

とにかく点滴による水分補強や、抗生剤の使用などがおこなわれています。

この病気で死亡している人もいますので十分に気を付ける必要があります。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ