体験談に基づく大人がロタウィルスに感染した際の症状

Sponsored Link

ロタウィルス感染症というのは、殆どの場合は子供がかかる病気なのですが、稀に大人でも感染してしまう人がいます。

しかし、大抵の人は、ロタウィルス感染症に子供のころにかかっていますので、免疫を持っています。

しかし、免疫力は個人差がありますし、ストレスや疲労などで一時的に免疫力が落ちてしまうこともあります。

そのようなときに、ロタウィルス感染症にかかった子供と接触したりすると、大人でもロタウィルス感染症にかかってしまうことがあるのです。

その体験談によりますと、感染した際の症状としては、軽かったり重かったりします。

感染した本人が、ロタウィルスに感染したこと自体に気が付かずに治癒する場合もありますし、発症したとしても多くの場合には軽症で済みます。

しかし、中にはひどい下痢症状を発症する人もいます。

体験談によりますと、大人がロタウィルス感染症に感染するケースの70%以上が、子供が感染した際に看病したり、下痢は嘔吐の処理をする際に二次感染するケースとなっています。

そのため、乳幼児や園児、それに小学生がいる家庭のお父さんやお母さん等は、ロタウィルス感染症に感染する可能性が高くなります。

しかし、若くて元気なお父さんやお母さんの場合には、免疫力も十分にありますので、感染したとしても重症化するケースは稀で、下痢症状は2日から3日程度続きますが、大抵の場合で1週間以内に体調が回復します。

しかし、お爺さんやお婆さんも一緒に生活している場合には注意が必要です。

ロタウィルス感染症は、殆どの人が幼児期に感染しているために、その時に得た免疫も、高齢者になるとその力が低下してしまうからです。

更に、加齢によって病気に対する抵抗力も落ちていますから、重症化するケースがあるのです。

また、子供と一緒に暮らしていなくても、高齢者が大勢集まる介護施設などで生活している場合には、だれか一人が感染すると、他の人たちにも次々と感染してしまいますので、対策が必要となってきます。

対策の基準としては、ノロウィルスに準じた対策が必要となってきます。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ