ロタウィルスの潜伏期間と完治までの回復期間

Sponsored Link

ロタウィルス 潜伏期間 回復期間 休職期間

ロタウィルスの潜伏期間と完治までの回復期間についてまとめました。

ロタウィルスは冬場に乳幼児や子供に感染することが多く、感染すると胃腸炎を発症します。

乳幼児や子供が感染し胃腸炎を発症するロタウィルスはA群と呼ばれる種類のものが多く、他にもB群・C群と呼ばれる種類があります。

ロタウィルス感染症の症譲歩特徴は嘔吐症状と、下痢症状の発症です。

嘔吐症状には個人差があり発症しないこともありますが、下痢症状はほとんどの感染者が発症します。

これはロタウィルスの感染によって胃腸炎を起こすためで、普通に起こる下痢との違いとしてはお米のとぎ汁のような白い色の便が出ることです。

ロタウィルス感染症の疑いがあるときには、便の色を確認することも診断基準のひとつになります。

また初期段階での発熱や下痢による脱水症状などを起こすこともあります。

 

ロタウィルスの潜伏期間は一般的には1日から2日くらいだと言われています。

潜伏期間とはウィルスが体内に侵入してから感染症の症状を発症するまでの期間のことで、その潜伏期間を得てロタウィルス感染症の症状を発症すると、まずは軽い発熱を起こしそれから嘔吐症状や下痢症状が起こります。

嘔吐症状は比較的に重いことが多く1日に5回から6回嘔吐することもあります。

発熱ははじめのうちだけですぐに治まります。

ロタウィルスの治療法は現在のところ、抗ウィルス剤がありませんから自然治癒力による回復を積極的に考え安静にすることです。

 

完治するまでは下痢による脱水症状を避けるために、水分補給を積極的に行うことも大切です。

乳幼児の場合には湯さましやお茶、イオン飲料などを少しずつ回数を多めに摂取させるようにしましょう。

脱水症状を起こしてしまうと回復期間が長くなってしまうので注意が必要です。

 

ロタウィルス感染症がしっかり完治するまでの回復期間としては1週間から長くても10日以内です。

幼児や子供が感染した場合その両親や同居などの大人も感染してしまう可能性があります。

手洗いやマスクなどの二次感染予防をしっかりとするようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ