ロタウィルスの消毒液・消毒方法について(市販・処方の薬・商品の名前)

Sponsored Link

ロタウィルスは感染力が強く、

僅か10個程度のウィルスでも感染するといわれています。

 

それほど感染力の強いロタウィルスは、

何かしらの予防対策をしなければアッという間に蔓延する危険性を伴います。

 

そこでここでは、ロタウィルスの消毒方法に関することについて触れてみたいと思います。

 

ロタウィルスの消毒方法

ロタウィルス 消毒液 消毒方法 市販 処方 名前(薬・商品名)

ロタウィルスの基本的な感染症予防対策は、石鹸で手を洗うことです。

何故なら手に付着したロタウィルスが、もっとも感染しやすいからです。

しかし、ロタウィルスは手から感染するだけではありません

(=身体以外にも)

 

例えば家に1人のロタウィルス患者いれば、

「部屋の中/壁や床/家具」等々、

さまざまな場所がロタウィルスに汚染されている可能性が高いのです。

 

そうした場所の消毒方法として(ロタウィルスに対する消毒液)、

次亜塩素酸ナトリウム液」を使用します。

あまり聞きなれない商品名かもしれませんが、

次亜塩素酸ナトリウム液は薬局などで市販(処方)されています。

 

あとは、

手袋を着ける/部屋の換気をしながら、

次亜塩素酸ナトリウム液を使って消毒すればいいのです。

 

また、

どうしても薬局に次亜塩素酸ナトリウム液を買いに行くことができない場合、

どこの家庭にもある液体を次亜塩素酸ナトリウム液の替わりにすることができます。

 

その消毒液が「家庭用漂白剤」です。

 

家庭用漂白剤を水で約200倍に薄めれば、簡単な消毒液の代用品の完成です。

(※キッチン用ハイター/ブリーチなどは代用品として問題ありませんが、

洗濯用ワイドハイターなどは成分が違うため使用しないでください。)

 

それと先ほど「部屋の中/壁や床/家具~」と言いましたが、

他にロタウィルスに汚染されているモノの中に衣類があります。

 

ここで注意することは、

洗濯機の中にそのまま衣類を入れて洗ってはいけないということです。

何故ならロタウィルスが洗濯槽に付着→他の洗濯物にまで拡散する可能性があるからです。

それ故、必ず消毒液で下洗いしてから洗濯するようにしてください。

 

仮にそれを知らず(汚染された)洗濯機で洗ってしまった場合、

水で50~80倍に薄めた塩素系ハイターを洗濯槽一杯にして浸け置きします(約30分)。

そして、洗濯機を回してください(すすぎは最低でも2回以上)。

万が一、ご家庭の誰かがロタウィルスを発症してしまった場合、

上記に明記した消毒方法でロタウィルスによる感染をシャットダウンすればいいのです。

(でき得る限り、ロタウィルスの感染を防ぐことが重要なのです。)

 

この方法はノロウィルスにも同じように適用が可能ですね。

>>> ノロウィルス対策 二酸化塩素系漂白剤で消毒

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ