ノロウィルスの流行する季節・時期について

Sponsored Link

ノロウィルス 流行 季節

毎年冬の時期になると、ウィルス性の胃腸炎が流行します。

 

初めに流行するのが、ノロウィルス胃腸炎です。

そのピークは12月ごろで、子供から大人まで感染、発症する厄介な感染症です。

激しい下痢や嘔吐が続き、仕事はおろか外出が出来ない状態になってしまいます。

糞便や吐瀉物にウィルスが排出されて、そこから感染が広がっていきます。

一家全員が感染、発症してしまう事も珍しくありません。

 

次に流行するのが、ロタウィルス胃腸炎です。

ノロウィルスが幅広い年代で感染、発症するのに対して、ノロウィルスは子供に多く発症することで知られています。

主に5歳までの子供には注意が必要です。

大人も感染、発症することがありますが、ごく軽い症状で気が付かないことも珍しくありません。

知らないうちに感染した大人がロタウィルスを広げてしまっていることもありますので注意が必要です。

お住まいの地域でロタウィルスが流行し始めたら、予防を徹底しましょう。

まずは、手洗いうがいの徹底が第一の予防です。

 

子供の場合、幼稚園や保育園などで感染が広がります。

ロタウィルスの付いた手で触ったおもちゃやドアノブから感染してしまうケースが多いようです。

そのような場所のおもちゃや、環境はこまめな消毒が必要になるでしょう。

家庭では、薄めた塩素系漂白剤が有効な消毒手段です。

万が一子供が発症してしまった場合は、便や嘔吐物の処理時に消毒液を使って清掃しましょう。

ロタウィルスの特徴は、下痢便の色が白くなることです。

確定診断に役立ちますので、この便を病院に持参すると良いでしょう。

子供はすぐに脱水症状を起こします。

こまめな水分補給を心がけましょう。

また、重篤化しやすい病気ですので、早めの段階で病院に見せることが大切です。

今は、生後6か月までの赤ちゃんに対してロタウィルスワクチンの接種が可能になりました。

飲ませるタイプのワクチンで、赤ちゃんへの負担も少ないので受けさせてあげるのがいいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ