急性胃腸炎の症状 発熱・下痢・嘔吐・腹痛胃痛

Sponsored Link

昨今では急性胃腸炎を発症される方が増えてきています。

急性胃腸炎には大きく分けて2種類存在し精神的な事が原因で発症する急性胃腸炎と、ウイルスや細菌などに感染して発症する急性胃腸炎があります。

精神的な事が原因で発症する急性胃腸炎の場合はすぐに症状が治まりますが、ウイルスや最近に感染して発症する急性胃腸炎の場合はさらに症状が悪化する可能性があります。

また精神的な事が原因で発症する場合とウイルスや細菌に感染して発症する場合では症状がまったく異なります。

精神的な事が原因で発症する場合は腹痛を伴っても激しい痛みを伴う事はありません。

しかしウイルスや細菌に感染して発症した場合は胃や腸が炎症を起こしますので、強い痛みを伴います。

またウイルスや最近によっては出血を引き起こす場合もありますので注意が必要です。

さらにウイルスや最近が原因の急性胃腸炎では高熱を引き起こす可能性が高いです。

何故ならば体の中でウイルスと細菌が戦っており、その影響で体温が上昇するのです。発熱・高熱に加えて嘔吐と下痢も症状としてあらわれます。

腹痛を伴い、さらに高熱が確認された場合はウイルス感染や細菌感染が非常に濃厚になります。

ウイルスや細菌による急性胃腸炎では抗生物質などの薬による治療が必要になりますので、症状が現れたらすぐに病院へ受診するようにしましょう。

また発症前に海外などに滞在していらっしゃった場合は、医師に事前に伝えておきましょう。

海外でウイルスや最近に感染し日本で発症した可能性もあります。

また高熱が下がっても、ウイルスや細菌が完全に消滅したという訳ではありません。

回復時はまだ免疫力が低下していますので、他のウイルスや細菌による二次感染が懸念されます。

熱が下がったからといって安心せず、大事をとるように心がけましょう。

急性胃腸炎は誰でも発症する可能性がある病気です。

日頃から栄養をしっかりとり、規則正しい生活を心がけて免疫力を高めておく事が求められるのです。

免疫力が高ければウイルスや細菌に感染しにくくなるのです。

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ