ノロウィルスが流行する季節・時期について

Sponsored Link

 

ノロウィルス 流行 季節

ノロウィルスは秋の終わりごろから患者が増え始め、冬の時期に流行のピークを迎えます。

この時期にノロウィルスに合感染する人が増加するのは、ウィルス自身が低温で湿度の低い時期に活発に活動をするからです。

 

また、牡蠣からノロウィルスに感染するケースも少なくないです。

日本において牡蠣は夏場よりも冬場に多く食します。

従って、冬場を中心にノロウィルスが流行します。

冬場は寒さで免疫が低下しているヒトが多いためにそれに感染する人々が増えます。

 

冬場はウィルスが好む環境です。

加えて、インフルエンザや一般的な風邪等で体が弱っているケースが多いです。

そのため、この時期に爆発的に患者が増え、医療機関が対応に追われます。

 

この時期に多くの人々がノロウィルスに感染した人の吐しゃ物や便等を処理します。

結果、処理を行っている人が新たに患者になるためこの時期は非常に患者が多いです。

 

秋の終わりから冬場にかけては多くのノロウィルスに感染します。

しかし、実は人によっては嘔吐や下痢といった目に見える症状があらわれず、そのまま病気が治ってしまうというケースが少なくないです。

目に見える症状が出ない人々は外に出て不特定多数の人々と接触します。

結果、目に見えない症状を持つ人からウィルスをもらい、新たにノロウィルスにかかる人が多く発生します。

自覚症状のない人々が適切なケアをせず、外で活動を行う事もこの季節に患者を増加させる要因になっています。

 

ノロウィルスは年中存在するものです。

その中でも秋から冬といった季節に流行するのはウィルスが長くとどまる事が出来る環境がこの季節は整っているからです。

ウィルスの数がこのシーズンに多いため、流行し、多くの患者を生みだす事になっています。

 

ノロウィルスが流行する季節は手洗い、うがい、消毒、食品の加熱といった感染する確率を減らす行為を地道に行う事が重要です。

規則正しい生活を行い、体力を低下させない事が重要です。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ