ノロウィルスの予防に乳酸菌・ヨーグルトは効果ある?ラクトフェリンがウィルス阻止

Sponsored Link

やっと本格的に秋が訪れ、急に朝晩が冷え込んで来ましたね。

 

寒さが厳しくなると、増えてくるのがウイルス性の病気です。感染が怖いですよね。

特に冬場のノロウィルスは、いろいろと対策をしていても寝不足や運動不足、ストレスで免疫力が落ちている時には誰にでもかかりやすいもの。

残念ながら、これという薬やワクチンはないのでノロウィルスにかかってしまうと、点滴を打つ、熱を下げるなど対症療法になってしまいます。

 

ノロウィルス 予防 乳酸菌 ヨーグルト

 

最近、乳製品メーカーでもさかんにPRしていますが

ノロウィルスに対して「乳酸菌を含んだ食品や飲料水、ヨーグルト」が効果的って知っていますか?

 

乳酸菌のラクトフェリンがノロウィルスに効果を発揮しているって最近話題になっています。

 

このラクトフェリンは、一体どういうものなんでしょうね?

ラクトがお乳、フェリンが鉄という意味で

赤ちゃんが生まれて初めてお母さんからもらう

初乳にたくさん含まれているたんぱく質です。

 

確かに私も出産後、どのお医者さんもしんどくても

初乳はしっかり飲ませなさいって言ってたような気がします。

 

ミルクといえば、真っ白のイメージがありますが

出産後1週間の初乳は、茶色いちょっとグロテスクな液体でした。

でも、この初乳にはたっぷりラクトフェリンが含まれているので、

 

これから赤ちゃんを出産予定の方は

ミルクや混合で育てるとしても、初乳は飲ませることをオススメします。

 

生まれて半年間は、赤ちゃんはお母さんの免疫をもらうので

風邪や大病にならないって言いますが

このラクトフェリンも大きく関わっているのかもしれませんね。

 

お母さんの初乳を飲めば・・・ですが、ちょっと無理があるので、同じような成分を

持つ食品ってどんなものがあるんでしょう。

 

オススメは、ヤクルトや明治のLG10、ダノンヨーグルト

など美味しくてカラダに良さそうですね。

 

大切なのは、毎日続けられるか・・・

なので、自分の好みに合わせて始められるものを見つけることが大事だと思います。

 

では、乳酸菌に含まれるラクトフェリンは

どうやってノロウイルスを予防し、撃退するんでしょうか?

 

ノロウィルスはまず腸の粘膜に入り込んで

下痢や嘔吐など体調を悪くさせていきます。

 

ヨーグルトや乳酸菌の入った飲み物を口にすると

ラクトフェリンが、腸内に入り込み、腸壁に膜を張ってウイルスの進入を阻止してくれます。

 

また、具合が悪くなってからでも

嘔吐に注意しながら、乳酸菌を飲むとウイルスをガードして予防線を張ってくれます。

 

ノロウィルスは、一度なってみるとよくわかりますが

普通の胃腸炎とは全く違うので進行も早く、衰弱もひどいです。

 

赤ちゃん、お年寄りはノロウィルスにかかると生死に関わりますから

対策があるならば、今からしっかりヨーグルトを食べて予防しておきたいものですね。

 

ラクトフェリンのヨーグルトは数が少ないですが、ネットでも買えるみたいです。

 

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ